ゆほびかWeb



毎日、気持ちよく眠れていますか?
冷えに悩んでいませんか?
睡眠と入浴は、健康を保つ素となるもの。この2つの習慣を、さらに健康的に、満足度の高いものへと変えるコツをご紹介。
よく眠れるようになるばかりか、免疫力がアップして、運気も上がります!

パート1
グッスリ快眠!イライラ・不安・うつも消失!
8割に効いた
医師推奨「フクロウの子守歌」

静かな里山の夜に響く「ホー、ホー」というフクロウの鳴き声。
実はフクロウの鳴き声には、体をリラックスさせ、眠りにいざなう効果があるのです。
「フクロウの鳴き声を聴いただけで、ヒトの脳は夜になったと判断し、眠りのスイッチが入ります。さらにフクロウの単調な鳴き声は、睡眠誘導の効果もあります」
そう語るのは、イーハトーヴクリニック院長の萩原優医師。
『ゆほびか』の読者に参加していただき、モニターを実施したところ、なんと8割以上の人が「フクロウの鳴き声に効果があった!」と答えてくださいました。
今月号は、里山の自然音を組み合わせた「フクロウの子守歌」CDが付録です。
不眠や疲労感、イライラなどでお悩みのかたはぜひお試しください!

パート2
睡眠不足が肥満・高血圧・糖尿病・認知症・うつのリスクを上げる!
睡眠の権威が教える「睡眠の新常識」

眠るまでに時間がかかる、途中で目が覚める、熟睡感がない。
睡眠に問題がある、というと、このようなことを思い浮かべるでしょう。
しかし、バタンキュー、すぐに眠れる!
という人こそ、実は要注意なのです。
実はそれ、慢性的な睡眠不足の可能性が大。
眠りに入るまでに15~20分かかるのが、健康な人です。
睡眠不足は、肥満や高血圧、認知症やうつのリスクを高めます。
今すぐできる、3つのコツで快眠体質に変わりましょう!

パート3
1万2000人が効果を実感!
薬なしで眠れた!寝付きがよくなった!
1日3分!イタ気持ちいい「足の裏もみ」

不眠の男性の足裏は、とても冷たいか、異常にほてっています。
不眠の女性の足裏は、弾力がなく、シワシワで冷えています。
日本快眠協会代表理事の、今枝昌子先生によれば、不眠は足裏から解決できます。
足裏をもむことで、薬なしで眠れた人や、寝付きがよくなった人がおおぜいいます。
足の裏をもむのは、3分でじゅうぶん。
やり方も簡単です。
不眠だけでなく、下痢や便秘の改善にもお勧めです。
お金もかかりません。
ぜひ、お試しください!

パート4
自律神経の名医や医師がデータで証明!
「熟睡スイッチ」をオンにする暮らしのコツ

スムーズな寝つき。

そして、
翌朝に疲れを残さない
深い眠り。

それらをかなえる
最新の健康法を
3人の名医に伺ってきました。

○脳と全身が熟睡モードに!
 布団で簡単「ひざ倒し運動」

○「ぬるい緑茶」は自然の睡眠薬

○寿命が縮む「夜間頻尿」を防ぐ生活術

どれが気になりますか?

すべて、びっくりするほど簡単なので、
全部を実践することももちろん可能です。

パート5
乾燥肌・かゆみ・アトピーに著効!
疲労・ストレスも解消する「コンブ風呂」

だしコンブをお風呂に入れると
どうなると思いますか?

なんと、
お湯にほのかなとろみが出て、
とても心地いいのです!

乾燥肌・かゆみ・アトピーに著効。
しかも疲労・ストレスも解消し、
湯冷めもしにくくなると、
大学教授、北海道の昆布屋社長も激賞!

コンブはまさに、天然の保湿剤。
台所のコンブを使って、ぜひお試しください。

パート6
疲労・不安・悪夢が退散!
邪気を払い安眠を約束する
伝統の白魔法「ホルスの目カード」

幸せになるために自分にかける魔法が「白魔法」。
今月号では、白魔法でよく使用される「ホルスの目」カードを付録しました。
ホルスの目とは、2300年前から古代エジプトで使用されてきた図版。
プロテクト(防御)の効果があると、ヨーロッパを中心に白魔法で長く使用されてきました。
これを使うことで、眠りを妨げる邪気や悪夢を追い払い、熟睡できるようになります。
持っているだけでいろんな不運からも身を守る「ホルスの目」カード、ぜひご活用ください!

パート7
精神科医・大学名誉教授・住職が指南!
脳や体の痛みがスッキリ!
金運も開く「新入浴術」

金運を上げたいなら、お風呂に入ることが重要です。
ただ入るだけでなく、湯ぶねに塩を50~100g溶かしてゆっくりつかります。
日本古来の「みそぎ」は海水につかり、罪やけがれを落とします。
みそぎ同様、塩風呂にすることで、心も体も清らかになれるのです。
また、体が温まればプラス思考になれます。
プラス思考は、幸運に恵まれる思考です。
この方法を教えてくれたのは、長福寿寺第56世住職の今井長秀さん。
長福寿寺は、お参りをしたら宝くじ3億円当せん、月収が倍増した!
など、日本一の開運寺として有名です。
体の悪い気を排出する「焼酎風呂」と愛情ホルモンが出る「ツボ押し入浴」も必読!
ぜひ、入浴の際に実践してください。



私たちがいつも健康で、
ツイている毎日を過ごすのにたいせつなこと。

そのためには、私たちの「エネルギーの流れ」を
よくしておくことが重要です。

エネルギーの流れをよくするには、
どうしたらいいのでしょうか。

それを教えてくれるのが、「月星座」です。

普通、星座というと、生まれたときの太陽の位置から計算したものをいいます。
月星座は、太陽ではなく、月の位置から割り出した星座のこと。
実は月星座こそが、私たちの健康や体質に大きく関わっています。

月星座の性質を意識して、毎日を過ごすだけで、
健康になって運もよくなるのです。

本特集では、大人気の占星術師Keikoさんが、
それぞれの月星座ごとに体質の改善法や
ダイエットの秘訣を教えてくれます。

体の詰まりは運の詰まり。
月星座ダイエットで体を浄化すれば幸運体質に変わります。

Keikoさんと長田夏哉医師によるスペシャル対談では、
月星座と健康の深いつながりが明らかになりました!



「自分がほんとうに望むことって何ですか?」

そう聞かれて、
すぐにパッと
思いつくことがあったとしても、
違う考えがグニュグニュ出てきて、
気持ちが揺らぐかもしれません。

それは潜在意識の仕業です。

あなたの
「自分がほんとうに望むこと」が、
「それはダメだ」
「そうしなきゃならない」
「こうでなければならない」
「こうせねばならない」という
常識、有利不利、損得、
世間体にがんじがらめになり
意識の奥底に
閉じ込められているかもしれません。

では、意識の奥底に閉じ込められた
「自分がほんとう望むこと」に、
どうずれば気づくことができるのか?

「えっ、そんなことでいいの?」と驚く、
誰でもその場で簡単にできる
目からウロコの方法を紹介します。

そして、人生が劇的に好転した人々の
喜びの声をお届けします。



2月4日は旧暦で新しい年の始まり、「立春」です。
その前日の「節分」に豆をまき、鬼(邪気)を追い払います。
追い払った鬼が再び入って来ないように、立春の朝に貼るのが「立春大吉の護符」。
特集の中に、「立春大吉」の文字をなぞり書きして、玄関などに貼れるお札を用意しました。
禅寺には800年以上も昔から伝わる縁起のいい護符。
これを自宅に貼れば、あなたや家族に厄は寄ってきません!