ゆほびかWeb

DVD「不食」が人を幸せにする

不食ってなんですか?

弁護士で医学博士の秋山佳胤弁護士弁護士で医学博士の秋山佳胤弁護士は、
仕事・家庭・趣味で超多忙な日々にもかかわらず、
体も心も超健康で、病気や疲れ、ストレスとはいっさい無縁です。

実は秋山さんは、2006年より、食べ物も飲み物も
いっさい必要としない「不食」という生き方を実践されています。
不食の実践家は、現在、世界じゅうに4万人ほどいると
されていますが、秋山さんによると、
「不食こそが、最高に幸せな生き方」なのだそうです。

秋山さんはこう語ります。
「食事をしなければ、 食べ物の消化にエネルギーを使わずに済み、
食事のための時間(買い物・調理・食事・片づけ)も不要です。
このことは、不食によって効率よく生きられる理由の1つでしょう。
しかし、不食が人を幸せにする理由は、それだけではありません――」

このDVDを見たかたの人生が、 最高に幸せなものとなること請け合いの作品です。

なぜ「不食」で幸せと健康を手に入れられるのか
マキノ出版販売部にて電話注文も受付中
TEL:03-3815-2981(平日9:30~17:30)

どんな話が収録されていますか?

どんな話が収録されていますか?DVDでは、まずDisc1で、秋山さんが
不食の本質をお伝えします。
そしてDisc2で、不食実践のコツや注意点を、
秋山さんへの質疑応答形式で紹介します。
さらに特典映像として、
「生命エネルギーと呼吸法」についての
とっておきの話も収録しています。

不食という生き方がメインテーマではありますが、
不食を実践する・しないはさておき、
その中には、健康で幸せに生きるためのコツが
たくさん詰まっています。
例えば、カゼがはやっているこの季節にぴったりのこんな話があります。
(DVD・Disc2「不食を実践するためのQ&A」より抜粋)

(読者のかたから)不食になって、睡眠時間の変化はありましたか?
(秋山先生より)
圧倒的に短くなります。人間は食べると眠くなるものですが、食べない生活をしていると、その逆で、眠くなくなってしまうんです。

もともと私はあまり体力がなく、「自分は寝ないとダメなんだ」と思い込んでいました。司法試験の受験時代も、試験直前でも1日13時間寝ていたくらいです(笑)。ところが今では、2~3時間も寝れば、「あぁ、たっぷり寝たな」となるんですね。これは、消化・排泄にエネルギーを使わないからです。

意識も常にクリアです。皆さん、食事をすると意識が、なんとなくどんよりとなりますよね。まぁ、それが心地いいのかもしれませんが(笑)。不食を実践していると、そういったことがなくなるわけです。

不食を実践しはじめて、「眠れなくなる」とか「時間をもてあます」と悩むかたがけっこういらっしゃるんです。(会場、笑)いや、ほんとうなんです(笑)。

私の場合は、弁護士をしたり、医学博士としての知識を活かして健康相談をしたり、コーヒー豆を焙煎したり、あるいは夜、子どもが寝てしまってから、子どものゲームを借りて遊んだりしているんですが。(会場、笑)

寝られなくて悩んでしまうかたは、不眠のかたにも言えることですが、肉体を横たえていれば体は休まりますから、横になって「朝になったら元気になっているんだ」と思うだけでだいじょうぶですよ。「眠らないと元気にならない」は誤解なんですね。

誤解と言えば、「食べなきゃカゼが治らない」も誤解です。むしろ、カゼを引いて食欲が落ちたら、無理に食べようとするよりも、消化・排泄に使うエネルギーを、免疫に回すほうがいいです。

あ、カゼのときによかれと思ってうどんを食べるかたも多いですが、これも誤解です。うどんは、胃の中で餅みたいに固まってしまうので、消化するのが特に大変なんです(笑)。
(続く)

収録内容

なぜ「不食」で幸せと健康を手に入れられるのか

弁護士で医学博士の秋山佳胤弁護士■秋山佳胤さんのお話1 ~不食を考える前に~
  「不調の原因はどこにある?」
■秋山佳胤さんのお話2 ~不食を考える~
  「人を元気にするものは、食べ物だけではない」

「不食」を実践するためのQ&A

■Q1・栄養失調にならないのはなぜですか?
■Q2・不食に至るまでの食生活の様子を教えてください
■Q3・食べる楽しみは、必要ないのでしょうか?
■Q4・1日2食から1食、さらに微食、と段階を進めるコツを教えてください
■Q5・呼吸法や瞑想でプラーナを取り入れる方法を教えてください
■Q6・汗をかいたりしないのでしょうか?
■Q7・不食になって、睡眠時間の変化はありましたか?
■Q8・排泄はありますか?
■Q9・不食になったら、友人との会食はどうすればいいでしょうか?
■Q10・秋山先生は何歳ですか?
■Q11・具体的なプラーナの取り入れ方が知りたいです。
■Q12・物事の“本質"を見つける方法はありますか?
■Q13・お風呂には入っていますか?
■Q14・必須アミノ酸などの栄養素は取らなくて大丈夫ですか?
■Q15・不食を家族に止められたり否定されたりした場合は、どうすればいいですか?

【特典映像】生命エネルギー・プラーナを最大限取り入れるための呼吸法を秋山弁護士が実演

弁護士で医学博士の秋山佳胤弁護士
なぜ「不食」で幸せと健康を手に入れられるのか
マキノ出版販売部にて電話注文も受付中
TEL:03-3815-2981(平日9:30~17:30)

秋山佳胤さんのプロフィール

弁護士、医学博士(代替医療)、JPHMA認定ホメオパス、珈琲豆焙煎士。
1969年、東京都生まれ。92年、東京工業大学理学部卒業。
96年、司法研究所入所(50期)。松本・美勢法律特許事務所などを経て、
2008年、ロータス法律特許事務所設立。

著書に『食べない人たち』(森美智代・山田鷹夫共著、小社刊)など。
不食を実践するようになって以来、心身ともに超元気で、
「水も飲まず、標高3050mのマチュピチュ山(ペルー)を、ガイドより早く登り切りました」との逸話も。