ゆほびかWeb

老眼、めまい、難聴、脳梗塞、認知症、便秘、尿モレに効く!「足をもむ」だけで病気が治る!若返る!

立ったり、歩いたり、走ったり……

人が生きている間、ずっと体重を支え続けている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。
足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。

脳や目、耳が若返り、全身の痛みを取る、なおかつ外反母趾やウオノメ、たこなどの足の悩みも一掃できる最新の「足もみ法」を紹介します。

パート1
足の老廃物が排泄されて
脳・目・耳が若返る「足指もみ」

今から30年前ベストセラーとなり、今なお売れ続けている本があります。

現在の足もみ健康法ブームの先駆けとなった『足の汚れが万病の原因だった』です。

台湾出身の官有謀氏が、自らの壮絶な体験から考案しました。

官先生の教えは、「足には老廃物がたまる。老廃物を流してやれば血液循環がよくなり、あらゆる病気は治る」というもの。

官先生の足もみ健康法は、その後「官足法」として全国に広まり、自分で足をもむだけで健康になる人が続出しています。

なかには、脳・目・耳の反射区がある足指を熱心にもんで、医師もお手上げだった脳梗塞や視野障害、難聴がよくなった、奇跡のような例もあります。

足の反射区療法の決定版です。

パート2
便秘、尿モレ、ひざ痛、腹痛に効いた!
医師も衝撃!足助式「足首回し」

足首回しは、あおむけの姿勢から、両足首をゆっくり回す動きです。寝たままできるため、体にほとんど負担がありません。

とても簡単な足首回しですが、実はこの動きには、私たちの生命力を底上げする作用があります。
なぜ、足首回しを行うと、生命力が底上げされるのでしょうか。

その秘密は、足首を回す動きによって「腸」が刺激されるところにありました。

足首回しを考案した、足助次朗氏(1901~1908年)は、動くこともままならない病床生活を経て、「生命力の根源は腸にある」という結論に達しました。

この足助氏の結論には、現役医師も賛同を寄せています。医師の中本かよ先生は、足首回しと出会ったとき、衝撃を受けたそうです。それは足首回しが「本物の健康法」だったからです。

医師も絶賛する、足首回しの秘密と、正しいやり方を紹介します。

パート3
『島耕作』作者・弘兼憲史さんも実践!
見た目が20歳若返る「ひざ裏伸ばし」

『島耕作』シリーズでおなじみ、漫画家の弘兼憲史先生が、毎朝シャワーを浴びるとき、必ず行なっているのが「ひざ裏伸ばし」です。

弘兼先生曰く、ひざを曲げて人間を描くと、とたんに老けて見えるそう。その経験から弘兼先生は、ひざ裏を伸ばすことのたいせつさに気づき、今では指先が軽々、床に着くまでになったそうです。

また、沖道密教ヨガ総合自由大学教授の佐藤松義先生も、ひざ裏には「心の老化」が現れると言います。

若々しい姿勢と心をつくるには、まずは「ひざ裏伸ばし」から。
体が硬いかたでも、無理なくひざ裏を伸ばせる方法も紹介しています。

パート4
足のむくみ・太足が解消し女性器も若返る
「足のつけ根さすり」

突然ですが、あお向けになり、リラックスした状態で、ご自分の足のつけ根に触れてみてください。

硬くなったり、こったりしていませんか? 

足のつけ根がこると、イライラ、頭痛、めまい、目の疲れ、肩こりなど、心身にさまざまな不調をもたらすので、要注意。

というのも、足のつけ根は、経絡やリンパなどの巡りが滞りやすい個所なのです。

そこでお勧めしたいのが「足のつけ根さすり」

やさしくマッサージすると、こうした不調が改善していくのです。

こりがほぐれると、気持ちが落ち着き、心に余裕が出て、多少のことには動じなくなります。

また、足のつけ根周辺には女性器があるので、「足のつけ根さすり」は、子宮や膣の若返りにもつながります。

女性には必見です。

パート5
心身を劇的に強化し運気まで高める
「ミラクル足もみ術」
サッカー協会最高顧問、精神科医、気功師らが公開

今年で81歳になる日本サッカー協会最高顧問の川淵三郎さんが、現在も若々しい体で忙しく全国を飛び回れるのは、娘さんの一言で始めたある「足の体操」のおかげだとか。

また、2000人以上のうつや社会不安症を治してきた精神科医が患者さんに必ず勧めているという「ふくらはぎマッサージ」、もむだけで足が金色に輝きだし、金運が急上昇する「足のツボ」など、脳も体も心も健康になり、運命まで好転する「ミラクル足もみ法」の数々を紹介します!

楽しい立ち読みコーナー

立ち読みはこちらをクリックしてください