ゆほびかWeb

大人も子どもも、目は1分でよくなる!近視・老眼・緑内障・白内障が改善!
視力超回復CD」発見

現代社会はストレスに満ちています。このストレスにより、視力低下はもちろん、さまざまな目の病気が激増しているのをご存じでしょうか?

しかし、心配はご無用。
本特集は、目の悩みを防ぎ治す最新の手法が満載です。
CDを聴いて、写真を見て、体を動かして、食べて、楽しみながら、目・脳・全身の機能を改善。

1日1分で「クッキリ・スッキリ」を実現する、あなたにピッタリの方法を見つけてください!

パート1
ナスカの地上絵、雪の結晶、永平寺の天井絵
見れば視力が上がる「不思議な写真」

ほんべ眼科院長の本部千博先生はこう断言します。
何歳になっても視力は回復します。
ポイントは2つ。
「目をきちんと使うこと」と「脳を活性化させること」。
――そこで、目に7つある筋肉を鍛えて柔軟にし、脳を活性化する不思議な写真を紹介します。

近視・遠視・老眼はもちろん、ドライアイや疲れ目にも効果があります!

パート2
WHOも認める特殊音響でメガネ不要に!
視力0.2が1.0!0.02が0.3!
老眼・緑内障・白内障にも効いた
聴くだけ「視力超回復CD」

今回の特集では、「視力が回復するCD」を付録としました。
WHO世界保健機関にも推奨されている特殊音響を収録した、世界初公開の音源です!

本サイト会員約300名に3週間聴いていただいたところ、なんと有効率は81%。

疲れ目、近視、かすみ目、老眼などの症状ばかりか、飛蚊症、白内障、緑内障、眼瞼下垂に効いたとの声も続々と寄せられました。

近視に関しては、「0.02から0.3」「0.8から2.0」など大幅回復されたかたもいらっしゃり、担当編集も「0.3から0.7」に回復しました。視界がハッキリしていて、とても快適です(^^)

「特殊音響の振動によって、私たちの目が本来持っている機能を回復させると、視力アップはもちろん、目のさまざまな不調が一掃されます。
眼科医も認める“超効果CD”を、ぜひお試しください」
(サイマティクスドクター/平田小百合)

ぜひご家族でお試しくださいね。

パート3
近視・老眼・乱視・飛蚊症・緑内障が改善、失明も回避!
1分でスッキリ「視力アップヨガ」

ヨガの世界的権威で、日本に初めてヨガを紹介した沖正弘先生は、「近視や老眼は治る」と言い、「目がよくなるヨガ」を考案しました。
実際に沖ヨガで治った例は多く、沖先生が存命の頃は、沖ヨガの道場に、目の悩みを訴える人たちが、外国からも来ていたそうです。
沖先生も、極度の近視でしたが、ヨガにより、0.04だった視力を2.0以上に回復させたとのこと。
『ゆほびか』6月号では、沖正弘先生の直弟子で、自身も沖ヨガで視力を回復した佐藤松義先生に、「目がよくなるヨガ」の真髄を解説していただきます。

パート4
毎日続けられる「目がよくなる食べ物」

私たちの目には、40歳を過ぎると、「ドルーゼン」と呼ばれる老廃物(ゴミ)がたまってきます。それがさらに蓄積されると、「加齢性黄斑変性」と呼ばれる目の病気になります。
しかし、目にドルーゼンがたまらないように予防する方法はあります。それは、ホウレンソウやブロッコリーなどの緑黄色野菜を食べること。
アメリカや日本における研究から、緑黄色野菜に含まれる「ルテイン」と呼ばれる色素が、ドルーゼンの蓄積を防ぐことがわかってきたのです。
ほかにも、「目がよくなる食べ物」として、医師が実践するショウガ湯の記事もあります。

パート5
眼科医、大学准教授、スポーツ選手が効果実証
スマホ眼精疲労からドライアイ・近視・黄斑変性まで治す
「眼筋ほぐし」簡単セルフケア

パラリンピックに4回連続出場を果たした、別所キミヱさんという68歳の車イスの卓球選手を知っていますか?

金色の髪をキレイに編みこみ、チョウの髪飾りを付け、爪はきれいにネイルアートされています。海外選手からは「マダムバタフライ」と呼ばれ、あのマツコ・デラックスさんも驚いたとか。
プロスポーツ選手として別所さんを支えるのが、目のよさ。お手玉に平仮名や数字、アルファベットなどを書き、目の訓練を行っています。

そのほか、「目の遠近ストレッチ」「手のツボ刺激」「コップ蒸気法」など、だれでも簡単にできる方法を紹介しています!

眼筋の緊張がほぐれて目の血流が改善!
近視・老眼・眼精疲労に効く「超音波視力回復器」

楽しい立ち読みコーナー

立ち読みはこちらをクリックしてください