ゆほびかWeb

金運急上昇!月収6倍、臨時収入100万円!幸せ婚も!「掃除と片づけ」で健康と幸せが舞い込む!テレビで大評判の超時短術も!

「もっと幸せになりたい」
「お金の流れをよくしたい」
「運気を上げたい」

と思っているなら、部屋をきれいにすることが近道です。
掃除と片づけは、人生を劇的に変える大チャンス!
お手軽に開運できて、手間もかからず簡単にできる掃除と片づけの秘訣を、専門家に伺いました。

パート1
お金・良縁・子宝に恵まれた!生理痛・不妊に効いた!
人気作家、金閣寺住職、医師らの
「願いが叶うふき掃除」

掃除の中でも特に運気を変える大きなパワーがあるのが「ふき掃除」。

ベストセラー作家・浅見帆帆子さんと、メディアで活躍中のフリーランサー・安藤美冬さんは、ともにふき掃除で運勢が大好転したお2人。
願いをこめて行うふき掃除で、浅見さんは理想の新居と結婚、出産、安藤さんは夢に向かうための臨時収入が得られたのだそうです。
誌面ではお2人の楽しいふき掃除対談と、運を引き寄せるふき掃除のコツを紹介。

そのほか、金閣寺が実践するふき掃除のやり方、産婦人科医が勧める子宮に効くふき掃除、会社やお店を人が集まる空間に変えて売り上げも伸びるふき掃除など、盛りだくさんです!

パート2
テレビで話題の“時短家事”の専門家が直伝!
「勝手に片づく家」を作る3つの秘策

「毎日時間に追われて、片づけにまで手が回らない!」
「家がすぐ“カオス”になる!」
「効率よく家事をすませたい!」
掃除や片づけ、家事に関して、こんな悩みを抱えているかたは、非常に多いようです。

テレビや雑誌で話題の知的家事プロデューサー、本間朝子さんも、以前は家事が大の苦手で、一時は、家が散らかり放題でご主人が帰ってこなくなったこともあったそうです。

が、あるきっかけを経て、片づけの魅力とちょっとしたコツに気づき、“散らかり放題からの脱却”に成功。

それ以降は、掃除や片づけにまとまった時間を割くことなく、住み心地のいい家を維持されているそうです。

掃除と片づけがとてもラクになる、目からウロコの3つの技を教えていただきました。

パート3
Dr.コパ
「財布のお掃除」で厄を落とせばお金がどんどん寄ってくる!

風水の基本は、家をきれいに保つことです。
金運に言い換えれば、お金にとっての「住み家」は財布。
つまり、金運を上げるには、財布の掃除がたいせつなのです。

今回、Dr.コパさんに、金運を上げる財布の掃除術を伺いました。

「1日の終わりに、ラベンダー色の布で財布をサッと拭く」
「銀行でおろしたお札は、その場で財布に入れない」

といった、“財布の厄落とし”を実践して、お金が寄ってくる「開運財布」を育てていきましょう。

パート4
脳のスーパードクターが考案!
脳の老化タイプ別「脳が若返る掃除」
記憶力、理解力、思考力…脳のあらゆる働きを活性化

「男性に比べて女性が長生きで、歳を重ねてもイキイキしている人が多い理由は、家事をしているから」と語るのは、脳の専門医・加藤俊徳先生です。

ただし脳科学的に見ると、家事には「脳をボケさせる家事」と「脳を若返らせる家事」があるそう。
家事で脳を鍛えるには、その人それぞれの脳の“老化タイプ”に適した工夫が必要だそうです。

脳の老化タイプがわかるカンタンなチェックテストとともに、老化タイプ別の、掃除と片づけのコツをご紹介します。

パート5
部屋が散らかるのは邪霊のせい!
「掃除の前の除霊術」を医師が伝授!
お伊勢様の掃除札つき

産業医でありながら、霊の世界にたいへん造詣の深い、久保征章先生。
久保先生いわく、なんと「掃除や片づけがうまくいかないのは、浮遊霊や低級霊などの邪霊のせい」なのだそうです。

掃除の前に除霊を行い、邪霊によってもたらされる「めんどうくさい」「やる気が出ない」といった想念を一掃すれば、みるみる汚部屋は片づいてしまうそう。

除霊のポイントを教えていただくとともに、除霊&開運効果のあるお札を考案していただきました。

掃除や片づけがどうしてもうまくいかないというかたに、ぜひお試しいただきたい内容です。

パート6
脱・汚部屋!脱・イライラ!
夫婦仲・親子仲も円満になる「アドラー式スッキリ収納術」

「モノを収納する方法っていろいろあるようで、実は4つの方法しかありません」

と勇気づけホームオーガナイザーの丸山郁美先生は言います。
しかも、本なら本棚、洋服ならハンガー、食器なら食器棚にしまう、と決めつけて収納する人がいますが、「アドラー式お片づけ」では、そのような固定概念を捨てて、自分や家族にあった収納方法を見つけます。

毎日使うモノ、たまにしか使わないモノ、自分が使うモノ、夫が使うモノ、子どもが使うモノ…など、家族のライフスタイルに合う収納術を4つの中から探して、家を幸せ空間にしていきます。

パート7
モノや人間関係に縛られずに身軽に生きる!
弘兼憲史さんの「手ぶら人生」実現のコツ

余計なモノを捨て、人間関係を整理し、できるだけ身軽に、気楽に生きていくこと。
それが、漫画家の弘兼憲史さんが勧める「手ぶら人生」です。

今回、弘兼さんに、手ぶら人生を実践するための、モノ減らしのコツと、人間関係を無理なく整理する秘訣を伺いました。

モノやしがらみから自由になれば、体も心も身軽になり、新しいことに挑戦する意欲や、好きなことを楽しむ心のゆとりが生まれます。

楽しい立ち読みコーナー

立ち読みはこちらをクリックしてください