ホーム > ゆほびか > Dr.Imaiの手作り健康術 : 美肌水

検索
書籍のみ 雑誌のみ
ゆほびか
最新号紹介
次号予告
バックナンバー
ゆほびかから生まれた本
Dr.Imaiの手作り健康術
音声・動画一覧
編集部からのお知らせ
購入方法





美肌水

乾燥肌・シミ・シワを撃退する美肌水

テレビでネットで口コミで、いまや日本中に広まった美肌水。
身近にある材料を使って手軽に作れる、しかも材料費は半年分でたったの300円。
そのうえすぐ効くと大評判。
『ゆほびか』でも、毎月、ヨロコビの声がたくさん寄せられています。
ところが、この人気に便乗して高額で美肌水を売りつける人、間違った作り方と使用法を勝手に紹介している人、「肌の色が黒くなる」などの情報を流して愛用者を不安に陥れる人、などなどがネット上に現れてきました。 まずは美肌水考案者である開業医の今井龍弥先生オリジナルの作り方と使用法をおさらいしましょう。


美肌水原液の作り方

■ 用意するもの
グリセリン 小さじ1(5ミリリットル)
尿素 50グラム
水道水 200ミリリットル
空き容器 1つ(ペットボトルなど)

■ 作り方
1. 空き容器に水と尿素を入れ、よく振る
2. 尿素が溶けたらグリセリンを入れ、軽く振って出来上がり

尿素は園芸用品店で肥料用を購入します。ほかの肥料と混合されていない、100%尿素のものにしてください(「窒素46」と表記されています)。
なぜ肥料用を使用するのかは、『ゆほびか』に詳しく掲載されていますが、大まかに言うと、薬局で売られている高額の尿素も肥料用の安価な尿素も、まったく同じものだから。だったら安いほうがいいでしょ?
グリセリンは薬局で購入します。 原液は冷蔵庫で半年保存できます。保存料が入っていないので、早めに使い切るようにしましょう。



美肌水の使い方 重要!!

基本は、次のとおり。

顔:原液を水道水で10倍に薄める
体:原液を水道水で5倍に薄める

原液をそのまま顔につけていた人、いませんか?
「美肌水は危険」などの情報を流しているのは、たいてい、間違った使用法でトラブルを起こした人のようです。
正しい使用法を知りたい人は、『ゆほびか』と美肌水の単行本を読んでくださいね。

原液(写真奥)を水道水で10倍に薄めて顔には使用しましょう。スプレー容器(写真前)に入れておくと便利。 原液1と水道水10の割合がわかるようにあらかじめ容器に印を付けておくと、後で原液を薄めるときに計り直す手間が省けます。

考案者の今井龍弥医師が詳しく解説した『アトピー性皮膚炎が3日でよくなる美肌水』『肌の悩みが消える美肌水』(各1260円)もマキノ出版から好評発売中!

美肌水関連書籍のご紹介

定価1260円(税込み)
詳しくはこちら
定価1260円(税込み)
詳しくはこちら
定価1470円(税込み)
詳しくはこちら
上の画面へ