ホーム > 書籍・ムック > 神と人をつなぐ宇宙の大法則

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

理論物理学vs仏教哲学 

神と人をつなぐ宇宙の大法則

保江邦夫、稲葉耶季(共著)

発売日: 2016年12月15日
本体価格: 1400円+税
判型: 46判
ISBN: 978-4-8376-7248-7

世界的理論物理学者と元裁判官の僧侶による対談本。瞬間移動、素領域理論、宇宙開闢、魂、幽霊、アカシックレコード、アガスティアの葉、ミグ25事件、波動、死、悟り、神……死生観から超常現象まで、あらゆる事象の真実を語り尽くした一冊。 日本人初のノーベル賞受賞者・湯川秀樹博士の愛弟子と、キリスト教会に生まれて裁判官になり、ヒマラヤで学校を設立するかたわら、インドでの仏教大学の設立に奔走する僧侶との化学反応(ケミストリー)により、幸せに生きる極意までが明らかになった。

はじめに

 超常現象の起こる理由をたずねるうちに、図らずもこの世の仕組みを知ることになり、幸せに生きる極意へと話が発展していきました。実に内容の濃い対談で、保江先生の話に耳を傾けるうち、世界を、さらには宇宙を一巡り旅して戻ってきたような感覚すら覚えました。
 本書によって、読者のみなさんをもその旅に誘うことができたなら、うれしく思います。

著者プロフィール

保江邦夫、稲葉耶季(共著)
保江邦夫
1951年、岡山県生まれ。1974年、東北大学理学部卒業。1976年、京都大学大学院理学研究科博士課程前期課程を修了。1978年、名古屋 大学大学院理学研究科博士課程後期課程を修了。スイス・ジュネーブ大学理論物理学科講師、東芝総合研究所研究員を経て、現在、ノートルダム清心女子大学教授、同情報理学研究所所長。大東流合気 武術佐川幸義宗範門人。カトリック隠遁者エスタニスラウ師から受け継いだキリストの活人術を冠光法眞法と名付け、それに基づく柔術護身技法を岡 山、東京、神戸、名古屋で指南している。

稲葉耶季
1942年、東京都生まれ。67年、東京大学経済学部経済学科卒業。69年、同大学同学部経営学科を卒業し、東京都庁に就職。77年、司法研修所をへて静岡地方裁判所判事補となり、以後、名古屋、群馬などに勤務。93年、那覇地方裁判所判事。97年、横浜地方裁判所判事。同年、インド北部に「ヒマラヤ稲葉学校」を設立。99年、琉球大学法文学部教授。2006年、那覇簡易裁判所判事。09年、名護簡易裁判所判事。12年、定年退官。13年11月、臨済宗の僧侶となる。14年1月、弁護士登録。同年9月、インド・ラジギールで修行。15年1月よりインド・ナグプール仏教大学設立アドバイザーとして活動中。

目次

第1章 すべては「退屈」から始まった−−−−宇宙の成り立ち
第2章 物理学で解く超常現象−−−−幽霊はなぜ水辺を好むのか
第3章 理論物理学vs仏教哲学−−−−人は生まれ変わるか
第4章 幸せに生きる極意−−−−左右の目で別々のものを見る

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」裏道マップ

詳しく見る

人間はロボットよりも幸せか?

詳しく見る

辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」

詳しく見る

小林正観CDブック 神様を味方にする法則

詳しく見る

人生の最後に笑顔で死ねる31の心得

自分も家族も「満足死」のすすめ

詳しく見る

こっちの世界、あっちの世界

詳しく見る

置かれた場所で咲いた渡辺和子シスターの生涯

詳しく見る

食べない、死なない、争わない

詳しく見る

ありのままで生きる

天と地をつなぐ法則

詳しく見る