ホーム > 書籍・ムック > やめたいのに、やめられない

検索
書籍のみ 雑誌のみ





詳細

強迫性障害は自分で治せる 

やめたいのに、やめられない

岡嶋美代(専門行動療法士) 著
原井宏明(なごやメンタルクリニック院長) 著

発売日: 2013年09月13日
本体価格: 1333円+税
判型: 46版
ISBN: 978-4-8376-7198-5

手がかぶれるまで洗い続ける、カギをかけたか何度も確認せずにいられない、集めた物を捨てられない、行動が完璧にできないと最初からやり直す----無意味なルールにとらわれて生活がたち行かなくなる心の病「強迫性障害」。その80%に有効な行動療法「エクスポージャーと儀式妨害」のやり方を豊富な症例とともにくわしく紹介。不可解な観念にとらわれた人たちの謎を解き明かす一冊。

はじめに

 みなさんのまわりに、単なる潔癖症や完璧主義にしては、ちょっと度がすぎると思う人がいないでしょうか。
 サッカーの元イングランド代表、デイビッド・ベッカムもその1人です。彼は家族がうんざりするほどのレベルで、物を重ねたり並べたりするときは角をきちんと揃え、完璧に左右対称に並んでいなければ、気分が落ち着かないそうです。また、彼は奇数が苦手で、例えばジュースの缶が3本あると1本は捨て、偶数にしなければならないというおかしなルールにとらわれている、とも報じられています。

著者プロフィール

岡嶋美代(専門行動療法士)
2004年、熊本大学大学院医学研究科修士課程(医科学)修了。05年、国立菊池病院臨床研究部心理療法士。08年よりなごやメンタルクリニック心理療法士、専門行動療法士。国立菊池病院外共同研究員。日本動機づけ面接協会理事、日本ブリーフサイコセラピー学会、日本小児精神神経学会などに所属。主な共著書に『パニック障害ハンドブック』(医学書院 )、『認知行動療法の技法と臨床』(日本評論社)、『子どもの不安障害と抑うつ』(中山書店)などがある。

目次

第1章 やめたいのにやめられない人たち
第2章 強迫性障害とは
第3章 強迫性障害を自分で治すエクスポージャーと儀式妨害
第4章 強迫性障害を克服した体験者のリポート

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

精神科医が教える「怒り」を消す技術

怒りのコントロールが人生を幸福にする

詳しく見る

体と心から毒を消す技術

医師がすすめる一生健康でいるための秘訣

詳しく見る

私は発達障害のある心療内科医

詳しく見る

大人のアスペルガー症候群が楽になる本〜本人と周りの人のために

詳しく見る