ホーム > 書籍・ムック > 体が生まれ変わる「ローカル筋」トレーニング

検索
書籍のみ 雑誌のみ





詳細

神経と筋肉のつながりを促す最強メソッド 

体が生まれ変わる「ローカル筋」トレーニング

金岡恒治(早稲田大学教授) 著
小泉圭介(ロンドンオリンピック水泳日本代表トレーナー) 著

発売日: 2013年06月15日
本体価格: 1300円+税
判型: A5判
ISBN: 978-4-8376-7195-4

 ロンドンオリンピック競泳日本代表チームドクター&トレーナーが、実際にトビウオジャパンの選手たちに指導したトレーニング法を初公開。体幹にある筋肉のうち、体に深層部にある筋肉「ローカル筋」は、緻密でしなやかな動きをつかさどる筋肉であり、鍛えることで神経と筋肉のつながり「促通」をよくすることができる。その効果は、日本競泳史上最多のメダル11個という結果で証明済み。オリンピック選手が実践したトレーニング法といっても、決してハードなものではなく、誰もが簡単にできるものばかり。もちろん、水泳に限らず、あらゆるスポーツに応用可能。これまでの体幹トレーニングの常識をくつがえす「本当の体幹トレーニング」を知ることができる!

はじめに

 小泉トレーナーというたのもしいスタッフを得て、2009年から、ローカル筋トレーニングを本格的に導入しました。その成果を試す最初の関門であったロンドンオリンピックの競泳陣は、金メダルは逃したものの、11個という史上最多のメダルを手にしました。
 何よりも感無量だったのは、腰痛や故障で競技力を低下させた選手が1人もいなかったことです。これは、ローカル筋トレーニングの成果によるところが大きいと、私たちは確信しています。

著者プロフィール

金岡恒治(早稲田大学教授)
1988年、筑波大学卒の整形外科医。2000年、筑波大学整形外科講師(脊椎外科)。2007年、早稲田大学スポーツ科学学術院准教授。2012年、同教授、日本水泳連盟医事委員長。シドニー、アテネ、北京オリンピックの水泳チームドクターを務め、ロンドンオリンピックにはJOC本部ドクターとして帯同。2006年、文部科学省科学研究費の助成を得て体幹筋トレーニングの研究に従事し、その成果を腰痛予防対策、競技パフォーマンス向上に応用。日本整形外科学会認定医、日本脊椎脊髄病学会認定指導医、日本体育協会認定スポーツドクター。

目次

第1章 ロンドンオリンピック競泳チームの奇跡
第2章 ここまでわかったローカル筋トレーニングの効果
第3章 こうすればローカル筋は強くなる!
第4章 特別対談「腹を忘れた現代人」

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

一生若くいられる「都市型原人」という生き方

逆転の発想で真の健康を手に入れる

詳しく見る

子供の運動能力が高まる「体幹バランス」トレーニング

詳しく見る

「野球ひじ」を治す・防ぐ・鍛える

詳しく見る

スコアが伸びる! ゴルファーのためのボディメイク

詳しく見る

サッカーで痛めた体を自分で治す本

詳しく見る

運動神経がよくなる本

詳しく見る