ホーム > 書籍・ムック > 「原始人食」が病気を治す

検索
書籍のみ 雑誌のみ





詳細

「原始人食」が病気を治す

ヒトの遺伝子に適合した物だけ食べよう

崎谷博征(医師) 著

発売日: 2013年03月15日
本体価格: 1333円+税
ISBN: 978-4-8376-7190-9

糖質制限食、カロリー制限食、玄米菜食など、健康によいといわれる食事法はたくさんある。
しかし、これら数多くの食事法を貫く食品や法則はない。
ある食事法ではよいとされた食品が、ほかの食事法では健康に悪い物として批判の対象になっている。
私たちは、一体何を食べればいいのか?

260万年に及ぶ人類の歴史で、食事内容に大異変が起こったのはわずか1万年前にすぎない。
狩猟・採集型社会が、農耕・牧畜型社会に移行したのだ。
長大な人類史から考えれば、それは「昨日」といって差し支えない時間だろう。

ヒトを含むすべての生物は、それぞれどのような栄養素を摂取すべきかが遺伝的に決定されている。
たとえば、草食動物が遺伝的に適応できない肉を食べ続けたならば、死期を早めることだろう。場合によっては、種が絶滅することさえ考えられる。
ここで考えてほしい。「昨日」から摂り始めた食事のことを。
現代食は、果たしてヒトの遺伝子に適応するだけの時間を経ているのだろうか?
現代食こそが、多くの病気を生み出す原因だったとしたら?

本書では、医学界の常識をくつがえす究極の食事「原始人食」を気鋭の医師が初公開する。
著者自身も、「原始人食」によって、2週間で5キロやせて健康になった。
また、著者の指導によって、やせて健康になることはもちろん、高血圧や糖尿病、アトピー、リウマチなど、多くの病気で改善例が続出している。

著者プロフィール

崎谷博征(医師)
総合医、医学博士。
1968年、奈良県生まれ。奈良県立医科大学卒業。同大学院修了。ガンの研究で医学博士を取得する。脳神経外科専門医、臨床心理士。一般社団法人パレオ協会代表理事。
国立病院機構大阪南医療センター、医真会八尾総合病院をへて、私立病院の副院長を務める。2012年、みどりの杜城南クリニック(熊本市)を開業し、ガンをはじめとする難病の患者さんの在宅診療中心に院長として従事する。また、叡研究所を設立し、全国5000人に及ぶ難病の方々の根本治療を指導する。
現在は、米国の最先端医学・栄養学である「精神神経免疫学」や「原始人食(ナチュラル・パレオダイエット)」を研究し、生活習慣の改善による自然治療、及び土壌からの健康改善の活動に力を注ぐ。その一方で、無肥料・無農薬の自然栽培・草食放牧家畜運動を展開し、「食と健康」の啓蒙運動を全国各地で行っている。
著書に、『「原始人食」が病気を治す』(マキノ出版)、『医療ビジネスの闇』(学研パブリッシング)、『間違いだらけの食事健康法』(技術評論社)などがある。

Facebook
https://ja-jp.facebook.com/sakitanihiroyuki
一般社団法人パレオ協会
http://user.paleo.or.jp/

目次

はじめに―ヒトの「正しい食事」とは?
第1章 人類の遺伝子に適合した食事を知る
第2章 現代食が腸に穴を開ける
第3章 原始人食とほかの食事法の違い
第4章 今日から始める原始人食・実践編
第5章 なぜ原始人食でやせて健康になるのか
おわりに―肉食こそヒトの進化の土台

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

ユダヤに伝わる健康長寿のすごい知恵

最新医学でわかった聖書の真実

詳しく見る

肉・魚が食べ放題の 原始人食ダイエット

詳しく見る

ガン、潰瘍性大腸炎、リウマチを治す「食事の8箇条」

詳しく見る

女子栄養大学 あさおたかこ先生の一生太らない朝ごはん

詳しく見る

塩麹、麹納豆、酒粕でやせる!免疫アップ!

詳しく見る

白澤卓二教授の100歳までボケない! 太らない! 朝のジュース&スープ

詳しく見る