ホーム > 書籍・ムック > どーしてこんなにうまいんだあ!

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

獲って作って飲んで食う椎名誠とその一味 

どーしてこんなにうまいんだあ!

椎名誠著

発売日: 2012年07月14日
本体価格: 1333円+税
判型: A5判
ISBN: 978-4-8376-7181-7

作家・椎名誠のこれまでのエッセイに登場した料理の数々をオールカラーで紹介する、著者初の料理本。しょうゆマヨスパゲティ、リンさんチャーハン、タマネギ丸ごと10個炒めなど、焚き火を囲み青空の下で食べてこそ美味な「青空料理」が満載! 書き下ろしエッセイ、あやしい探検隊の歴史から読者が選んだシーナ料理ベスト5まで収載した、シーナワールド全開の一冊。

はじめに

食欲やおいしさは満足はすべて相対的なものである。この本は男たちが本気で腹をすかせ、本気で自分たちが食いたいもの―を作って食った話で構成されている。だから万人向きではないかもしれない。強いていえば「大空腹人間向き」である。

著者プロフィール

椎名誠
1944年、東京都生まれ。作家。1979年より、小説、エッセイ、ルポなどの作家活動に入る。これまでの主な作品は『犬の系譜』(講談社)、『岳物語』(集英社)、『アド・バード』(集英社)、『中国の鳥人』(新潮社)、『黄金時代』(文藝春秋)など約230冊。近著は、『わしらは怪しい雑魚釣り隊 エピソード鶚 マグロなんかが釣れちゃった篇』(マガジン・マガジン)、『そらをみてますないてます』(文藝春秋)、『足のカカトをかじるイヌ』(本の雑誌社)。最新刊は、『国境越え』(新潮社)、『うれしくて今夜は眠れない ナマコのからえばり6』(毎日新聞社)。エッセイは、『週刊文春』連載中の赤マントシリーズが20年以上継続中。旅の本も数多く、モンゴルやパタゴニア、シベリアなどへの探検、冒険ものなどを書いている。趣味は焚き火キャンプ、どこか遠くへ行くこと。

目次

世界で一番うまいもの
シーナが好きな黄金のバカうま料理24
あやしい探検隊、獲って作って飲んで食う
決定!読者が選んだシーナ料理ベスト5
旅と食いものとその道具―あとがきにかえて

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

『屋久島 癒しの清流音CDブック』

詳しく見る

だれもが幸せになるハワイの言葉「ホ・オポノポノ」

詳しく見る