ホーム > 書籍・ムック > サッカーで痛めた体を自分で治す本

検索
書籍のみ 雑誌のみ





詳細

太もも・ひざ・ふくらはぎ・足首のセルフケアとトレーニング 

サッカーで痛めた体を自分で治す本

松田悦典(わらびFit整骨院院長/元浦和レッズ・サガン鳥栖) 著

発売日: 2012年04月14日
本体価格: 1333円+税
判型: A5判
ISBN: 978-4-8376-7176-3

サッカーでとくに多い太もも・ひざ・ふくらはぎ・足首の「ねんざ」「肉離れ」「打撲」のケア法と、痛めた部位の筋力を取り戻すトレーニング法を、元Jリーガーの柔道整復師がイラストを駆使してわかりやすく解説。「あせらない」「やりすぎない」「あきらめない」で必ず復帰できる! 浦和レッズの山岸・宇賀神両選手も「サッカーを続けたいなら読むべし!」と大絶賛。

はじめに

 私はサッカーを愛する人間として、同じようにサッカーを愛する人には少しでも長く、できれば一生サッカーを続けてほしいと願っています。サッカーをしていると、喜びや感動、悔しさ、挫折感などなど、いろいろなことを味わえます。それもサッカーができてこそです。
 本書を上梓するにあたっては、「サッカーをずっと続けてほしい」という思いをできる限り込めました。サッカーをやっている本人はもとより、指導者や父兄など周囲の人にもその思いを共有していただき、ケガに対する意識を持ち、理解してほしいと強く願っています。

著者プロフィール

松田悦典(わらびFit整骨院院長/元浦和レッズ・サガン鳥栖)
1974年、埼玉県生まれ。大宮東高1年生のときに全国高等学校サッカー選手権大会に出場。93年、三菱自動車フットボールクラブ(現・浦和レッズ)に入団。95年、鳥栖フューチャーズへ移籍。97年にフューチャーズが解散、新たに設立されたサガン鳥栖に加入し、主力選手としてプレー。2002年、現役を引退。サポーターからの要望によりチーム初の引退セレモニーを行う。 05年、柔道整復師の資格を取得。09年、わらびFit整骨院(http://warabifit.p1.bindsite.jp/)を開業。

目次

第1章 サッカーで起こるケガとは
第2章 サッカーで痛めた体を自分で治す方法
第3章 痛めた部位の筋力を取り戻すトレーニング
第4章 サッカーで痛めた体を自分で治した体験者のレポート
終 章 Jリーガーから柔道整復師へ

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

子供の運動能力が高まる「体幹バランス」トレーニング

詳しく見る

「野球ひじ」を治す・防ぐ・鍛える

詳しく見る

体が生まれ変わる「ローカル筋」トレーニング

詳しく見る

スコアが伸びる! ゴルファーのためのボディメイク

詳しく見る

脊柱管狭窄症を治す最新ベスト療法

急増する難治腰痛

詳しく見る

ひざのスポーツ障害を自分で治す本

詳しく見る