ホーム > 書籍・ムック > 光のスピリチュアル・アート

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

光のスピリチュアル・アート

幸運エネルギーを引き寄せる!

綾小路 有則著

発売日: 2011年03月15日
本体価格: 1429円+税
ISBN: 978-4-8376-7152-7

綾小路有則氏の「スピリチュアル・アート」が1冊の本になりました。付録の絵を切り取って部屋に飾るだけで、光のエネルギーがあなたを包み込み、よいことがいっぱい起こりだします。「運気が上がった」「生きる勇気が出てきた」「うつ状態が楽になった」「頭痛が消えた」「仕事が舞い込んできた」など、喜びの声続々。天使や宇宙とシンクロして、あなたも幸運効果を体感しましょう。

はじめに

私はいつも、世の中の人たちに幸せになってもらいたいという念いを込め、絵を描いています。実際に、私の個展やホームページで絵を見た人たちから、「うつ状態が楽になった」「頭痛が消えた」「仕事が成功した」「金運が上がった」「心が軽くなり、生きる勇気が出てきた」「見ているうちに体が熱くなり、涙が止まらなくなった」といった声が数多く寄せられ、絵から発せられるエネルギーが見る人とシンクロ(共鳴)し、なんらかの作用を及ぼすことを確信するようになりました。
 本書でも述べていますが、私は小さなころから不思議な体験をしてきて、死後の世界、魂の世界というものに強い関心をもち、自分なりに研究をしてきました。毎日自分の心のマネジメントをし、子どものような純粋な心を保ち、大人としての理性と知性を高めていくことに成功すると、守護霊とインスピレーションによって交流できるようになり、絵から発するヒーリングの力がどんどん強くなっていきました。そして最近、私の絵は強いヒーリング効果のある「スピリチュアル・アート」として知られるようになったのです。
 現代はスピリチュアルに関心のある人たちがふえてきています。そこで私は、「スピリチュアル・アート」を個展やホームページで発表し、見た人に不思議な現象が起こることを実体験してもらい、なぜそういった不思議な現象が起こるのかを「スピリチュアル・レポート」と題して、本書やホームページを通して説明しています。
 最近では、科学の分野でもまじめに超常現象を研究するようになってきました。たとえば、欧米の一部の量子力学者は、物質には時空を超えて他の物質に情報を伝える「非局所的長距離相関」という力があることを説いています。祈りで病気が治る現象などは、まさにこれでしょう。これからの医学や科学は、スピリチュアルの研究なくして進歩はありえないと思います。私に寄せられる声のなかにも医療関係者の人たちからものがふえてきました。「今まで漠然と目に見えないものの存在を感じていたが、あなたの絵を見て体感し、レポートを読んでよくわかった。『スピリチュアル・アート』の効用を現場で実際に試してみたいと思います」という声もあります。現代医学の限界を感じ、医療の現場に「スピリチュアル・アート」を役立ててもらえることは、とてもうれしいことです。
 本書には8点の「スピリチュアル・アート」を掲載し、切り取って飾れるようにしました。毎日眺める習慣をつければ、みなさんのまわりに不思議な現象が起こるでしょう。そして、第2章では私がその絵にどのようなメッセージを込めて描いたのかを詳しく解説しています。絵を見て不思議な体験をし、目に見えないものの存在を信じられるようになったら、次にどのように自分の心をマネジメントしていけばいいかを第3章で簡潔に述べています。世の人の悩みの多くは、心のマネジメントを続けることで軽減・解消します。その具体的な方法も述べています。
 このように、目に見えないものの存在を信じ、自分らしい生き方を手に入れて、幸せな人生を送る人には、守護霊や天使を介在して、「幸運のエネルギー」が集まってきます。そして、その人はさまざまな奇蹟的体験をするようになるでしょう。こういった奇蹟の体験は、磁石が鉄を引き寄せ、その鉄がいずれ磁石になるように、人から人へと伝播していきます。そうなれば、医学も科学も神仏の存在を無視できなくなるでしょう。
 私は、スピリチュアルな法則があることを医学や科学が認め、その流れが義務教育にまで波及することを願っています。小学校の高学年にもなれば、子どもたちは守護霊とインスピレーションによって交流でき、年齢を重ねるごとにその能力は実用性を高め、社会人になるころには、世の中をよくする実働力として発揮できるようになれば、こんなすばらしいことはありません。本書は持ち歩くには最適のサイズです。心の調子の悪いときには、心のマネジメントにも役立ててください。それを続けていくことで、今まで味わったことがない感覚を体験でき、日常生活のあらゆる場面で幸せを感じられるでしょう。
 2011年2月                           綾小路有則

著者プロフィール

綾小路 有則
スピリチュアル・アーティスト。1961年、長崎県生まれ。6歳から東京に在住。1986年、東京藝術大学美術学部デザイン学科卒業。国内外の美術展に絵を出展し、数々の賞を受賞。絵本の出版や、ディズニー・オン・クラシック用絵画の制作など、活動は幅広い。聖路加ギャラリーなど都内各所で毎年行われる個展『Spirityual Art 綾小路有則の世界』も好評。

目次

巻頭カラー 切り取って飾れる「光のアート」全8点
はじめに
第1章 光の芸術「スピリチュアル・アート」とは?
 心が軽くなった、運がよくなった
 目に見えないものの存在を信じて
 神が手に宿った
 心の闇を乗り越えて
 光のアートを目指す
 インスピレーションで描く
 さまざまな喜びの声が届く
 光の芸術「スピリチュアル・アート」の見方
 医療機関などで個展を開催
第2章 「スピリチュアル・アート」秀作8選
 天帝の使い ―心の闇を消し、きれいな心を取り戻す―
 銀河系大樹 ―森羅万象のつながりを感じ、成長を促す―
 Phoenix ―強力なパワーで発展と調和を実現する―
 菩提樹 ―美しい心を取り戻し、きれいになる―
 祈り ―深遠な愛の祈りで人を愛し、愛される―
 永遠に ―独りじゃないと気づけば運命の歯車は回りだす―
 永遠の悟り ―智慧が湧き思慮深くなる―
 Wings of Victory ―宇宙のパワーをもらって大きく羽ばたく―
第3章 「スピリチュアル・アート」が教えてくれること
 誰でも幸運効果を体感できる
 愛はエネルギーである
 インスピレーションを味方につける
 祈りとは何か?
 医療・科学との連携を目指して
光のアートの入手法
綾小路有則「光のアート」作品一覧

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

成功率80%! 女性のための禁煙メソッド

詳しく見る

『強運を呼ぶ!パワーストーン図鑑』

詳しく見る

『ゆほびかGOLD 幸せなお金持ちになる本』 Vol.10

詳しく見る

あいはら友子「富士と鳳凰の絵」

詳しく見る

奇跡が起こる「光の絵」

詳しく見る

幸せを呼ぶ「観音の絵」

苦しみも悲しみも消え生きる勇気がわく!

詳しく見る