ホーム > 書籍・ムック > お母さんの悩みがなくなる「子育てナビ」

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

お母さんの悩みがなくなる「子育てナビ」

小児科医が教える子育ての基本「あ・い・は・ひと・やく」

田中大介(昭和大学医学部助教授) 著

発売日: 2007年02月15日
本体価格: 1300円+税
判型: 四六判
ISBN: 978-4-8376-7071-1

言葉の遅れ、赤ちゃん返り、反抗期、夜尿症、ADHD、不登校――乳幼児期から思春期までの子育てにまつわるさまざまな悩みに小児科医がやさしく答える。見えないへその緒「母と子のアタッチメント」の構築法がわかる一冊。

はじめに

核家族がふえ、近所づきあいが希薄になり、父親が不在がちないまの時代、お母さんたちの育児不安は募る一方のように見えます。
本書は、そんな不安や悩みを抱えるお母さんたちにエールを送りたくて書きました。肩の力を抜いて読んでくだされば、これまで気づかなかったお母さんならではの、すごいパワーがきっとわいてくると信じています。
 

著者プロフィール

田中大介(昭和大学医学部助教授)
1960年、東京都生まれ。90年、昭和大学医学部卒業。94年、昭和大学大学院医学部医学科博士課程修了。同年、日本小児科学会認定医(現・専門医)合格。95年、医学博士取得。昭和大学病院、葛飾赤十字産院、公立昭和病院、富士吉田市立病院、昭和大学病院NICUをへて、現在、昭和大学医学部助教授として、昭和大学附属豊洲病院(医長)、昭和大学病院、昭和大学豊洲クリニックで診療にあたっている。主な著書(分担執筆)に『小児科医研修ノート』(診断と治療社)、『小児科外来診療のコツ』(中山書店)、『小児内科:何となく元気がない』(東京医学社)など多数。学生時代はラグビー部と合唱部に所属。現在は多重録音、合唱、ピアノ、フルートに熱中するほか、目下、ドイツのブレーメンで出合ったパンフルートを練習中。

目次

第1章 小児科外来の風景
第2章 母と子のアタッチメント
第3章 乳幼児期の子育てナビ
第4章 学童期と思春期の子育てナビ
第5章 障害を持つ子供の子育てナビ

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

子どもを病気にする親、健康にする親

世界に満ちる毒から子どもを守れ

詳しく見る

赤ちゃんができる! ファータイル・ストレッチ

妊娠しやすい体質に変わるストレッチ&ペア・マッサージ

詳しく見る

人間、生きているだけで、ありがとう

「ありがとう」を言うだけでいいことがいっぱい起こる

詳しく見る