ホーム > 書籍・ムック > 病気を治す! 症状別の「おくすりスープ」

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

病気を治す! 症状別の「おくすりスープ」

溝口徹(新宿溝口クリニック院長) 著
大柳珠美(管理栄養士) レシピ監修

発売日: 2013年11月15日
本体価格: 838円+税
ISBN: 978-4-8376-6289-1

■現代の日本では、食事を原因とした病気は増え続けている。
 メタボリックシンドロームによる糖尿病や高血圧症、
 高脂血症などはわかりやすい例だ。
 それ以外にも、頭痛やめまい、不眠から、うつなどの精神疾患、
 ガンなどの重篤な病気まで、多くの症状や病気の原因は、
 実は現代人ならでは栄養バランスの乱れに原因がある。

■栄養素のバランスを整えることによって病気を治す栄養療法は、
 海外では「オーソモレキュラー療法」と呼ばれ、
 1960年代から研究が続けられてきた。
 しかし日本では、栄養で病気を治すことは軽んじられている。
 医師になる条件として、栄養学を勉強する必要もほとんどない。

■このような状況を変革したいという願いから、
 2003年に、著者は栄養療法を専門とするクリニックを
 日本で初めて開設した。
 そして、日々の診療から、現代人の食の乱れは、
 自分が考えていたよりも深刻な状況にあることに
 危機を覚えるようになった。

■体に不調を感じたら、まずは毎日の食事を見直すことだ。
 そして、本書で紹介する「おくすりスープ」を
 体調に合わせて摂るといい。
 おくすりスープは、どれも栄養バランスの優れたものであり、
 気になる症状や病気を細胞レベルで改善する。
 対症療法ではなく、体をまるごと変える根治療法なのだ。

■症状別スープの症状とは・・・
 高血圧、糖尿病、アトピー性皮膚炎、骨粗鬆症、更年期障害、
 うつ、便秘、不眠、疲労、貧血、疲れ目、月経前症候群、
 メタボリックシンドローム、ダイエット、脳の老化防止、
 免疫力アップ、集中力アップ、美肌。

著者プロフィール

溝口徹(新宿溝口クリニック院長)
新宿溝口クリニック院長。
1964年、神奈川県生まれ。福島県立医科大学卒業。横浜市立大学病院、国立循環器病センターを経て、1996年、痛みや内科系疾患を扱う辻堂クリニックを開設。2003年には、日本初の栄養療法専門クリニックである新宿溝口クリニックを開設。栄養学的アプローチで、精神疾患のほか、多くの疾患の治療に当たるとともに、患者や医師向けの講演会も行っている。
著書に、『アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる!』『「うつ」は食べ物が原因だった!』(ともに青春新書)、『がんになったら肉を食べなさい』(PHPサイエンス・ワールド新書)などがある。
HP  http://www.shinjuku-clinic.jp

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

疲労も肥満も「隠れ低血糖」が原因だった!

詳しく見る

医師がすすめる! 酢タマネギ薬食術

詳しく見る

糖尿病を自力で治す最強療法

カロリー制限も糖質制限も不要!特製ポスター付き

詳しく見る

やせる!血圧、血糖値が下がる!ニンニク薬食レシピ

詳しく見る

今ある「うつ」が消えていく食事

詳しく見る

「伊勢と出雲」森と清流の癒し音CDブック

詳しく見る

やせる!病気も痛みも治る!ショウガレシピ

ショウガ紅茶、ショウガ氷、ショウガトニック、ショウガ酵素が効く!

詳しく見る

ハーバード大学式「野菜スープ」でやせる!若返る!病気が治る!

詳しく見る

「呼吸法」で体と心が劇的に変わる

詳しく見る

白澤卓二教授の100歳までボケない! 太らない! 朝のジュース&スープ

詳しく見る