ホーム > 書籍・ムック > この薬、飲み続けてはいけません!

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

この薬、飲み続けてはいけません!

内山葉子(葉子クリニック院長) 著

発売日: 2018年07月02日
本体価格: 1400円+税
ISBN: 978-4-8376-1327-5

「薬の中には、飲み続けても意味がなかったり、逆に体調を悪くしたりするものがある!」 
減薬・断薬指導を行う腎臓内科医が豊富な臨床経験から警鐘を鳴らす「飲み続けると危険な薬」の真実! 
ベストセラー『パンと牛乳は今すぐやめなさい』の著者・待望の第3弾!

はじめに

 本書では、特に、
「長期的にくり返し使うことで多くの問題が生じる。しかもそれがあまり知られていない」
「頻繁に使われている」
「安易に投与されている」
「漫然と長期的に使われやすい」
 などに当てはまる、以下の4つについて解説します。

●抗菌薬(いわゆる抗生物質)
●胃酸抑制薬(胃腸薬の一種)
●痛み止め(解熱鎮痛薬)
●高脂血症薬(コレステロールを下げる薬)

 誤解しないでいただきたいのですが、私は、これらの薬を「使ってはいけない」というつもりはありません。必要なときは使うべきだと考えています。
 しかし、いずれも、長く使い続けることによるメリットはありません。それどころか、漫然と飲み続けることで、かえって体調を悪くしているケースが多い薬です。
 ですから、これらの薬については、「必要な一時期だけ飲むのはいいけれど、漫然と飲み続けるのはやめましょう」と呼びかけたいのです。
 本書のタイトルが、『この薬、飲んではいけません』ではなく、『この薬、飲み続けてはいけません』となっているのは、そのためです。

著者プロフィール

内山葉子(葉子クリニック院長)
葉子クリニック院長

目次

第1章 なぜ、医師の私がこの本を書いたのか?
第2章 飲み続けてはいけない薬
第3章 飲み続けないほうがいいが、やめる際に注意が必要な薬
第4章 知っておきたい西洋薬の問題点
第5章 薬を飲み続けないために

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

おなかのカビが病気の原因だった

詳しく見る

パンと牛乳は今すぐやめなさい!

詳しく見る