ホーム > 書籍・ムック > 病気を治したいなら肝臓をもみなさい

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

血流がよくなり免疫力アップ! 

病気を治したいなら肝臓をもみなさい

高林孝光(アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長) 著
栗原毅(栗原クリニック東京・日本橋院長) 監修

発売日: 2018年06月16日
本体価格: 1300円+税
判型: 46判
ISBN: 978-4-8376-1325-1

肝臓は血流の中枢。もめば体温も免疫力も上がり全身が若返る! 耳鳴り、めまい、不眠、イライラ、頻尿、物忘れ、慢性疲労、痛み・こり、肥満、シミ、シワ、目の下のくま、肝臓肌、ニキビ、白髪にまで効く「肝臓マッサージ」を初公開。肝臓の名医が太鼓判を押す画期的な超簡単セルフケア。

はじめに

 肝臓マッサージは、肝臓に適度な刺激を与えることで肝臓を活性化させ、疲れて弱った肝臓を元気にする健康法です。また、刺激を与えることで圧電効果を生み出し、イオンチャネルと呼ばれる全身の細胞の血液の出入り口を開く効果が期待できます。

著者プロフィール

高林孝光(アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長)
1978年、東京都生まれ。都立足立高等学校、東京柔道整復専門学校、中央医療学園専門学校卒業。アスリートゴリラ鍼灸接骨院院長。2016年、車イスソフトボール日本代表チーフトレーナー。上肢のケガが最も多い球技スポーツであるバレーボールの同一大会で、異なるチームに帯同して全国2連覇した、日本初のスポーツトレーナー。上肢のケアとアスリートの悩みを即座に解決する事を得意としている。病棟研修時代から肝臓の疲労と痛みとの関連に着目し、全身の若返りを目的としたセルフケアを考案。

目次

第1章:肝臓は健康の要
第2章:肝臓をもめば全身が若返る
第3章:肝臓を元気にすると治る病気と症状
第4章:肝臓をもんで病気を治した体験者のレポート

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

痛みを取りたければ体を温めなさい

詳しく見る

腱鞘炎は自分で治せる

詳しく見る