ホーム > 書籍・ムック > おなかのカビが病気の原因だった

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

おなかのカビが病気の原因だった

内山葉子(葉子クリニック院長)

発売日: 2018年03月16日
本体価格: 1300円+税
ISBN: 978-4-8376-1321-3

★一度でも抗生物質を使った人は要注意! 発酵食品のとりすぎに潜むワナ
「食後、異常におなかがはる、ガスがたまる、眠くなる」
「すぐ甘いものが欲しくなり、買い物に行くと、知らず知らず、かごにパンや甘いものを入れている」
「頭がボーっとして集中できない」
 というかたはいませんか? さらに、
便秘・下痢・腹痛、慢性的な皮膚トラブル、頭痛、関節痛、記憶力の低下、倦怠感、抑うつ、肛門や陰部のかゆみ、生理前の不調
などの症状に悩まされていませんか。それは、あなたの「おなかのカビ」のせいかもしれません。
 実は、どんなに健康な人でも、おなかのなかにカビはいます。このカビが、さまざまな理由によって、異常にふえることがあります。すると、上記のような症状が起こってしまうのです。
 おなかのカビがふえる理由として、特に重要なのは以下の3つです。
 峭垣己質(抗菌薬)」の乱用 発酵食品のとりすぎ F本の気候と住居
 このように、日本人は特におなかにカビが増殖しやすくなっています。
 本書には、おなかのカビのチェックリストから、自力でカビを退治する方法まで網羅されています。病院の薬ではどうしても治らない不調を抱えている人にお勧めです。

はじめに

 カビがふえる原因には、病気を治すための抗生物質、健康づくりに役立つ発酵食品やビタミン・ミネラルなど、「一見、体によさそうなもの」が多いのです。
 ですから、それらが「カビをふやして健康を害している」とは知らずに、せっせと服用や摂取を続けながら、「体がよくならない」と嘆いている人が大勢いらっしゃいます。
 そんな人たちに、
「不調や病気の原因は、おなかのカビかもしれませんよ」
「健康のためにしていることで、おなかのカビをふやして逆効果になっていませんか」
 と問いかけ、その恐れが高い場合に、試していただきたい「おなかのカビの退治法」をお伝えするのが本書の目的です。

著者プロフィール

内山葉子(葉子クリニック院長)
葉子クリニック院長

目次

第1章「おなかにカビがいる」とはどういうことか
第2章 おなかのカビはなぜ怖い?
第3章 何がおなかのカビをふやすのか
第4章 おなかのカビの退治法
第5章 おなかのカビを退治して健康になった実例報告

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

この薬、飲み続けてはいけません!

詳しく見る

パンと牛乳は今すぐやめなさい!

詳しく見る