ホーム > 書籍・ムック > 認知症は自分で治せる

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

認知症は自分で治せる

脳の専門医が考案した「OK指体操」のすごい効果

竹内東太郎(東鷲宮病院 高次脳機能センター長) 著

発売日: 2018年03月16日
本体価格: 1300円+税
ISBN: 978-4-8376-1320-6

脳の専門医が考案した「指体操」の
すごい効果を初公開!

高齢者でもできる簡単体操で、
新しい脳神経ルートが生まれる!

血管性認知症からアルツハイマーまで、
認知機能が改善した喜びの声が続々。
老人ホームでも大人気!

はじめに

本書のタイトルにあるように、
「認知症は治せる」、
それも「自分(患者さん自身)の力で」というと、
読者の中には眉にツバしたくなる人もいるかもしれません。

でも、これは気休めで申し上げているわけではありません。
数多くの症例に基づいた事実なのです。

その大きな力になるのが、私が考案し、本書でご紹介する、
「OK(オッケー)指体操」です。

つまり、本書は、認知症の進行をストップさせ、
症状を回復させるための具体的な実践書であること。
そして、それをより多くのかたに広めること。
それが、私が本書を上梓した最大の動機であることを、
まずご理解いただきたいと思います。

「OK指体操」は、手や足の指を動かすだけ。
ご高齢のかたでも、お体が不自由なかたでもできる、
ごく簡単な運動です。

手足の指は脳を支配する領域が非常に広く、
それを動かすことで脳の神経細胞をより大きく、
より効率的に刺激して、
脳への血の巡りをよくしていきます。 

血の巡りがよくなれば、
脳の神経細胞への酸素や栄養供給が活発になり、
衰えた神経細胞の働きがよみがえってきます。
こうして、
低下した認知機能の回復につながっていくのです。

認知症治療の研究は、
皆さんが想像している以上に進んでおり、
その成果も確実に実を結びつつあります。
そして、「OK指体操」は、
その有効な方法の1つであると私は確信しています。

複数の病院長を歴任しながら、
長年、臨床の最前線で認知症と対峙してきた私自身、
その手応えを強く感じています。

また、これはあまり知られていないようですが、
なかには特発性正常圧水頭症など、
手術でほぼ完治が可能になっている認知症も判明し、
多くの患者さんが救われています。

「認知症は治らない」は、過去の常識。
本書を読めば、そのことがよくわかり、
きっと勇気と希望が湧いてくることでしょう。

著者プロフィール

竹内東太郎(東鷲宮病院 高次脳機能センター長)
1948年、東京都生まれ。72年、日本大学医学部卒業。76年、日本大学大学院医学研究科博士課程、外科系脳神経外科学専攻にて博士号を取得後、日本大学医学部脳神経外科学教室に入局。84年、カナダのウェスタン・オンタリオ大学附属病院脳神経外科に臨床研修医(レジデント)として勤務。以後、駿河台日本大学病院脳神経外科医局長・外来医長・日本大学専任講師、東松山市立市民病院脳神経外科部長、南東北医療センター院長、行田総合病院病院長、小金井太陽病院病院長、本川越病院病院長などを歴任し、現在は東鷲宮病院高次脳機能センター長を務める。特発性正常圧水頭症をはじめ、認知症の診断・治療に力を入れている。

目次

第1章 認知症を正しく知ろう
第2章 認知症は自分で治せる
第3章 OK指体操のやり方
第4章 OK指体操で認知機能が改善した人たち
第5章 認知症を遠ざける生活キーワード16
第6章 手術で劇的に治る認知症もある

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

認知症にならない「脳活性ノート」

詳しく見る

認知症はなっても○、防げば◎

詳しく見る

認知症は治せる

詳しく見る