ホーム > 書籍・ムック > 認知症にならない「脳活性ノート」

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

物忘れ外来で生まれた“書くリハビリ” 

認知症にならない「脳活性ノート」

石井映幸(ふれあい鶴見ホスピタル副院長) 著

発売日: 2018年01月17日
本体価格: 1300円+税
判型: A5判
ISBN: 978-4-8376-1318-3

病院の「物忘れ外来」で生まれた“書くリハビリ”が認知症に効くと大評判! 綴じ込み付録「わくわくカレンダー」「本日メモ」「セルフ備忘録」などに予定や自分自身のことを楽しみながら書き込むだけで、脳の現在・過去・未来が刺激され、認知症を撃退できる! アルツハイマー、軽度認知障害にも効いた感動の体験手記も収載。 大人のぬり絵20枚付き。

はじめに

 本書では、誰でも手軽にできる 狃颪リハビリ ”として「予定を自分で書いて管理する」「昔を振り返って書く」「書いて誰かに想いを伝える」など、実用的に使いながら認知症を撃退できる方法を数多く紹介しています。むずかしいルールは一つもありません。ポイントは「楽しみながら続けること」です。

著者プロフィール

石井映幸(ふれあい鶴見ホスピタル副院長)
石井映幸(いしい・てるゆき)
1968年、神奈川県生まれ。93年、帝京大学医学部を卒業し、同大学脳神経外科医局に入局。医局長、講師をへて2010年より医療法人社団康心会ふれあい鶴見ホスピタル副院長。医師、医学博士、日本脳神経外科学会専門医、湘南医療大学保健医療学部臨床教授、帝京大学医学部非常勤講師、茅ヶ崎看護専門学校非常勤講師、茅ヶ崎リハビリテーション専門学校非常勤講師、東京都障がい者スポーツセンター医事相談専門医。

目次

第1章 認知症の正体
第2章 認知症の診断法と治療法の現況
第3章 現在、過去、未来に働きかけて認知症を撃退する「脳活性ノート」
第4章 認知症にならないための認知状生活の工夫
第5章 認知症に“書くリハビリ”が効いた体験者の手記
第6章 認知症の人に対する家族の上手な接し方

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

認知症は自分で防げる!治せる!

脳は何歳でも若返る!医師・大学教授25人が伝授

詳しく見る

認知症は自分で治せる

脳の専門医が考案した「OK指体操」のすごい効果

詳しく見る

「脳疲労」解消CDブック

聴くだけで頭スッキリ!

詳しく見る

認知症はなっても○、防げば◎

詳しく見る

認知症は治せる

詳しく見る