ホーム > 書籍・ムック > 椎間板ヘルニアは自分で治せる!

検索
書籍のみ 雑誌のみ





詳細

椎間板ヘルニアは自分で治せる!

腰・首の激痛、手足のしびれが消失!

酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表) 著

発売日: 2017年03月15日
本体価格: 1300円+税
ISBN: 978-4-8376-1301-5

累計発行部数50万部超えの“関節痛のゴッドハンド”が、
国民的な関節トラブルである
「椎間板ヘルニア」を治す本を初めて出版。
腰のヘルニアでも、首のヘルニアでも、
酒井式・ストレッチをするだけで激痛、しびれ、重苦しさが解消!

はじめに

私は断言できます。
腰や首の痛み・しびれといったトラブルの99%は、治すことができます。

本書のテーマである「椎間板ヘルニア」は、
まさしく腰や首のトラブルによって、痛みが現れる疾患です。
脊椎(背骨)の骨と骨の間にある椎間板から髄核という組織が飛び出し、
そのヘルニア部分が神経を圧迫すると、
強い痛みやしびれが現れるのです。
日本人にとっては、“国民的な関節トラブル”といえるでしょう。

しかし、これほど一般的な疾患であるにもかかわらず、
意外と知られていない事実があります。
腰や首の椎間板から飛び出したヘルニアは、
適切なケアをすれば「自然に引っ込んでいく」のです。

ただし、すでに飛び出したヘルニアを引っ込めたり、
痛みやしびれを解消したりするためには、たいせつなことが2つあります。

1つは、椎間板ヘルニアをじわじわと進行させる関節異常をうまく矯正し、
正常な状態に戻していくこと。

もう1つは、関節異常を促進する“従来からの生活習慣”をやめ、
正常な状態に導く“新しい生活習慣”を取り入れることです。

本書では、これら2つの重要ポイントを、
誰もが簡単に実践できる方法として、ご紹介していきます。

まずは、椎間板ヘルニアになっている関節に対し、
ストレッチなどで関節異常を矯正するための「直接的なアプローチ」をかけるということです。
具体的には、関節に
「反らす」「回旋させる」「隙間を広げる」「不均衡な左右バランスを戻す」
という働きかけをしていきます。

そして、普段の姿勢や重心のかけ方などの日常生活の工夫、
神経・血液の流れの促進などの「間接的なアプローチ」もかけて、
関節異常を矯正する効果をいっそう高めるということです。

私は、本書のこれらの内容こそが、
椎間板ヘルニアを総合的に治していくうえでの“強力な武器”になり、
自分で治すためのベストな方法だと確信しています。

椎間板ヘルニアを自分で治す方法についての本は、
私が調べたところ、あまり世の中に出ていないようです。
私自身も、これまで関節トラブルに関する本を40冊以上書いてきましたが、
椎間板ヘルニアだけに話を絞ったものは出版してきませんでした。

しかし今回は、
腰と首の椎間板ヘルニアの解消・予防・再発防止にいたるまで、
長年の経験から蓄積した内容を余すところなく、お話ししていきます。

ぜひ本書を存分に活用して、適切なセルフケアを行い、
つらい痛みやしびれの悩みを解決してください。

著者プロフィール

酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表)
さかいクリニックグループ代表。柔道整復師。中央医療学園特別講師。千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルメディカルアドバイザー。整形外科や腰痛専門病院、プロサッカーチームの臨床スタッフとしての経験を生かし、腰痛やスポーツ障害の疾患を得意とする。解剖実習をもとに考案した「関節包内矯正」を中心に、難治の関節痛に対する施術を行い、これまで100万人を治してきた実績を持つ。多くのテレビ番組で「ゴッドハンド」として紹介されるほか、プロスポーツ選手や俳優など多くの著名人の施術も手がける。

目次

第1章 腰・首のヘルニアは自分で治せる!
第2章 「腰のヘルニア」を自力で治す集中ケア
第3章 「首のヘルニア」を自力で治す集中ケア
第4章 椎間板ヘルニアが治った症例報告
第5章 セルフケアの効果を高める生活の工夫

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

肩こり・首痛を自力で治す最強事典

22人の名医、名治療家が極意を伝授

詳しく見る

「首の後ろを押す」と病気が勝手に治りだす

詳しく見る

腰・股・膝の痛みはテニスボール1個で消える

詳しく見る