ホーム > 書籍・ムック > 「おうち断食」で病気は治る

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

週1回で奇跡が起こる 

「おうち断食」で病気は治る

森美智代(森鍼灸院院長・断食リトリートあわあわ主宰) 著

発売日: 2016年10月15日
本体価格: 1300円+税
判型: 46判
ISBN: 978-4-8376-1293-3

難病「脊髄小脳変性症」を断食で克服し、1日青汁1杯で20年以上過ごしている著者が、誰もが自宅で手軽に行える「おうち断食」のやり方をくわしく紹介。週1回、朝食を抜いて、昼食と夕食に、すまし汁、寒天、リンゴのいずれかを食べるだけ。併せて、断食の効果をより高める運動もイラストでわかりやすく解説。女優の熊谷真実さんも「新しい私に生まれ変わりました」と大絶賛!

はじめに

 断食をして体が快調になると、心にも余裕ができて、人に対してもやさしくなれます。断食をすると、どんな人でも自然に感謝の気持ちが湧いてくるから不思議です。断食は、「よい体」と「よい心」をつくる最良の手段なのです。

著者プロフィール

森美智代(森鍼灸院院長・断食リトリートあわあわ主宰)
1962年、東京都に生まれる。短大卒業後、養護教諭として小学校勤務をしていた84年に難病の脊髄小脳変性症に罹患。以来、西式甲田療法に専念し、病気を克服する。その後、鍼灸師の資格を取得し、大阪府八尾市で鍼灸院を開業。現在、森鍼灸院院長。断食リトリートあわあわ主宰。甲田光雄医師の著書でたびたび紹介されている「仙人2号」のMさんとしても知られる。本格的な断食・生菜食療法を実施してからすでに30年、1日青汁1杯のみの生活になってからは20年を超えている。鍼灸治療のほか、講演などでも活躍中。

目次

第1章 断食と少食の違いとは何か
第2章 おうち断食のやり方と作法
第3章 断食の効果をより高める運動
第4章 おうち断食で病気が治った、生まれ変わった体験者の手記

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

週1断食で万病が治る

詳しく見る

食べない人たち ビヨンド

詳しく見る

食べない、死なない、争わない

詳しく見る

食べない人たち

詳しく見る