ホーム > 書籍・ムック > 脳神経外科医が考案した超健康になる「顔もみ療法」

検索
書籍のみ 雑誌のみ





詳細

脳神経外科医が考案した超健康になる「顔もみ療法」

長田裕(ナガタクリニック院長)

発売日: 2013年06月15日
本体価格: 1300円+税
ISBN: 978-4-8376-1253-7

視力がアップ! 夜間頻尿、脱毛、シミ、シワなどの老化現象がストップ! 神経解剖学とツボ理論を融合した画期的な療法で、生活習慣病から難病まで続々改善している。自然治癒力を上げる家庭療法を医師が詳しく解説。

はじめに

 医学の聖人ヒポクラテスは、「人間はだれでも、体の中に100人の名医を持っている」「病気は人間がみずからの力をもって自然に治すものであり、医者はこれを手助けするものである」と説いています。
 病気を治し、元気に生きるうえで最も重要なのは、医師による治療でも、薬でもありません。患者さんみずからが行う養生です。そのことを、多くの人に知ってほしいのです。
 今回、多くの養生法の中から、「顔もみ」を前面に出しました。顔もみには、内臓や血管をつかさどる自律神経のバランスを整え、瞬時に心身をリラックスさせる力があります。さらに、毎日くり返すことで、多彩な健康効果を引き出すこともわかっています。
 顔もみによって、自然治癒力の存在を体で感じられれば、健康に対する意欲が高まるでしょう。顔もみは自力療法です。「自分で自分を健康にできる」という実感を得られると、ほかの養生法も実践しやすくなります。
 何ごとも「論より証拠」です。本書でやり方を習得して、みなさんも顔もみを試してください。「頭が軽くなった」「気分がスッキリする」など、何かしら体調の変化を感じられるはずです。これこそが、「自然治癒力が向上し、ストレスから解放された心地よさ」なのです。

著者プロフィール

長田裕(ナガタクリニック院長)
1948年神戸市生まれ。和歌山県立医科大学卒業後、同大学附属病院、和歌山赤十字病院、神戸市立中央市民病院などの脳神経外科に勤務。1988年に開業し、現在に至る。無血刺絡療法とデルマトーム理論を創案、幅広い治療にあたっている。日本脳神経外科学会専門医、日本臨床内科医会、日本東洋医学会、全日本鍼灸学会所属。著書に『無血刺絡の臨床』、『無血刺絡手技書』(ともに三和書籍)、『無血刺絡療法』(河出書房新社)がある。

目次

第1章 免疫力が上がる! 「顔もみ」のやり方
第2章 病気が治った! 若返った! 6人の体験談
第3章 「顔をもむ」となぜ病気が改善するのか?
第4章 顔もみの症例と痛みの対処法
第5章 元気に生きるための7つの養生法

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

「皮膚をゆるめる」と痛みは取れる

詳しく見る

「頭をもむ」と病気が治る!美顔になる!

綴込付録 「頭皮マッサージ」やり方ポスター1枚

詳しく見る

「鼻の横を押す」と病気が治る

詳しく見る

「首に枕をする」と腰痛が治る

詳しく見る

「首の後ろを押す」と病気が治る

詳しく見る

免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

詳しく見る