ホーム > 書籍・ムック > 吃音は治せる

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

有効率74%のメンタルトレーニング 

吃音は治せる

都筑澄夫(目白大学教授) 著

発売日: 2012年03月15日
本体価格: 1333円+税
判型: 46版
ISBN: 978-4-8376-1239-1

人口の5%に発症する吃音は、過去の否定的な感情や価値観と深くかかわり、多くの施設で行われている発話訓練は逆効果! 著者が考案し、74%の有効率を誇る「吃音年表のメンタルリハーサル法」と、自宅でも行える「環境調整法」のくわしいやり方をわかりやすく紹介。巻末には、書き込みができる「吃音質問紙」を収載。吃音治療の常識をくつがえす一冊の登場。

はじめに

 この治療法で吃音が一度治ったら、再発することはまずありません。これまでの治療成績では、36%の人がこの状態になっています。また、完全に吃音の症状がゼロにはならないものの、つらさや日常生活の支障がなくなるケースが38%あり、合わせて74%程度の人は、治るかそれに準じた状態となっています。

著者プロフィール

都筑澄夫(目白大学教授)
1948年、静岡県生まれ。71年、獨協大学外国語学部卒業。85年、日本聴能言語福祉学院言語聴覚学科専任教員。2004年、九州保健福祉大学保健科学部言語聴覚療法学科教授。06年、目白大学保健医療学部言語聴覚学科教授。言語聴覚士。

目次

第1章 吃音とは何か
第2章 吃音のカギを握る否定的な感情や価値観
第3章 吃音を治す環境調整法とメンタルリハーサル法のやり方
第4章 心に働きかけて吃音を克服した症例報告
付 録 吃音質問紙

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

大人のアスペルガー症候群が楽になる本〜本人と周りの人のために

詳しく見る

大人の発達障害

アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本

詳しく見る

人の目が怖い「社会不安障害」を治す本

詳しく見る

D’な人々 うつ病ではない「うつ」たちへ

詳しく見る