ホーム > 書籍・ムック > 免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 

免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

今井一彰(みらいクリニック院長) 著

発売日: 2008年02月15日
本体価格: 1300円+税
判型: 四六判
ISBN: 978-4-8376-1217-9

口を「あー」「いー」「うー」と開け、舌を「べー」と出す体操で口呼吸を鼻呼吸に変えれば、口の粘膜から全身の免疫を高められることがわかった! 医師が臨床に応用し高い成果をあげている画期的健康法をくわしく紹介。現代医学では治療の困難な病気の克服や美容効果を得られた体験者の手記も満載。

はじめに

「あいうべ」で効果が期待できる疾患には、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病、気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎、化学物質過敏症などのアレルギー性疾患、炎症性腸疾患、高血圧症、うつ病などがあります。どれも長期化、難治化しやすい病気ですが、「あいうべ」は高い成果をあげています。しかも、「あいうべ」を続けていると、口角がキュッと上がって若々しくなり、美肌や小顔など美容面でも効果が得られるのがおもしろいところです。

著者プロフィール

今井一彰(みらいクリニック院長)
1970年、鹿児島県出身。1995年、山口大学医学部卒業。山口大学医学部救急医学講座に入局後、医学部在学中より興味を持っていた東洋医学も併せて習得する。さまざまな医療を駆使しながら、一貫して薬を使わずに体を治していく、体の使い方を変えて薬をへらしていくといった独自の観点から治療を行っている。2006年にみらいクリニックを開業後、日本初の靴下外来を開設するなどユニークな取り組みを続けている。共著書に『加圧トレーニングの理論と実践』(講談社)、『プライマリケアのための整形外科疼痛マニュアル』(金原出版)など。加圧トレーニング統括指導者、日本東洋医学会専門医、関節運動学的アプローチ(AKA博田法)医学会専門医、日本自律神経免疫治療研究会会員。

目次

第1章 免疫と病気の関係
第2章 元凶は口呼吸にあり
第3章 免疫を高めて病気を治す「あいうべ」のすべて
第4章 「あいうべ」で病気が治った、キレイになった体験報告

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

ぜんそくを自力で治す最強事典

詳しく見る

自律神経を整えて病気を治す!口の体操「あいうべ」

あいうべカード 5分でわかるマンガ あいうべポスター 3大付録!

詳しく見る

「口をぱくぱくする」と超健康になる

自律神経が瞬時に整う画期的方法

詳しく見る

脳神経外科医が考案した超健康になる「顔もみ療法」

詳しく見る

アレルギーを撃退する「おそうじ」マニュアル

小児科医が教える目からうろこの住環境整備法

詳しく見る

潰瘍性大腸炎 医師も患者もこうして治した

薬をやめて難病を克服した26人の詳細データ

詳しく見る

免疫を高めて病気を治す「爪もみ」療法

1日2分で免疫アップ! 薬のいらない画期的治療法

詳しく見る

「免疫を高める」と病気は必ず治る

詳しく見る