ホーム > 書籍・ムック > ガンと闘う医師のゲルソン療法

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

ガンと闘う医師のゲルソン療法

自らのガンを克服した精神科医が選んだ究極の栄養療法

星野仁彦(福島県立医科大学神経精神科臨床副部長) 著

発売日: 1998年06月06日
本体価格: 1600円+税
判型: 四六判
ISBN: 978-4-8376-1096-0

大腸ガン、転移性肝臓ガンを宣告された大学病院医師が手術後10年間実践し、ガンの再発を防いでいる栄養療法を公開。塩と油を断ち、大量の野菜ジュースを摂って自然治癒力を高めるゲルソン療法を行い、ガンに勝った12人の体験談も紹介。

著者プロフィール

星野仁彦(福島県立医科大学神経精神科臨床副部長)
1973年、福島県立医科大学卒業、神経精神科入局。79年、医学博士。84〜85年、米国エール大学児童精神科留学。93年よりロマリンダクリニック心療内科勤務。2001年、福島県立医科大学神経精神科助教授。03年、福島学院大学福祉学部教授。06年、福島学院大学大学院附属心理臨床相談センター所長。1990年に大腸ガンを発症し、切除手術を受けるが、7ヵ月後に再発(肝転移)。ガンの食事療法「ゲルソン療法」を簡略化した「星野式ゲルソン療法」を考案・実践し、克服した経験を持つ。また、自らが発達障害の一つであるADHD(注意欠陥・多動性障害)であることを公表している。主な著書に『ガンと闘う医師のゲルソン療法』『「ガンが食事で治る」という事実』(後者は共著。いずれもマキノ出版)、『発達障害に気づかない大人たち』(祥伝社)などがある。

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

ガンを食事で治す星野式ゲルソン療法

詳しく見る

がんに効く最強の統合医療

詳しく見る

私は発達障害のある心療内科医

詳しく見る

「がん」はいい病気

前立腺がん、尿管がん、両耳の失聴……でも元気

詳しく見る

今あるガンが消えていく食事〈実践レシピ集〉

詳しく見る

今あるガンが消えていく食事

詳しく見る

がんを治す法則

がんを克服した30人からのメッセージ

詳しく見る

免疫を高めて病気を治す「自律神経免疫療法」

福田─安保理論の集大成

詳しく見る

断腸の思い――エレキの神様、大腸ガンに克つ

詳しく見る

乳がんからおっぱいを守る 乳腺外来

私だけは乳がんにならない」と思っていませんか?

詳しく見る

ガンは自分で治せる

ガンで死ぬ人、ガンが治る人の違いを医学部教授が解明!

詳しく見る

ガンはここまで治せる!

免疫を高めて活性酸素を減らす自律神経免疫療法でガンが縮小・消滅する人が続出!

詳しく見る

丸山ワクチンでガンに克つ

32万人のガン患者が現在使用する特効療法のすべて

詳しく見る