ホーム > 書籍・ムック > 運動神経は10歳で決まる!

検索
書籍のみ 雑誌のみ




詳細

運動神経は10歳で決まる!

立花龍司が教える「ゴールデンエイジ・トレーニング」

立花龍司(コンディショニング・ディレクター) 著
大木毅(阪堺病院副医院長・整形外科部長) 監修

発売日: 2006年04月15日
本体価格: 1300円+税
判型: A5判
ISBN: 4-8376-7056-3

ヒトは10歳で運動神経の成長のピークを迎える。2〜12歳の「ゴールデンエイジ」に必要なトレーニングメニューを、年代別にイラストでわかりやすく解説した一冊。これがトップアスリートへの近道だ!

はじめに

 近年、スポーツの世界に「ゴールデンエイジ」という考え方が広まっています。ゴールデンエイジとは、主に小学生の年代にあたる子供たちを指すもので、この時期の運動への取り組み方は将来に大きな影響を及ぼします。
 

著者プロフィール

立花龍司(コンディショニング・ディレクター)
1964年、大阪府生まれ。大阪商業大学経済学部卒業後、天理大学体育学部でスポーツ医学を専攻。89年、近鉄バファローズにコンディショニングコーチとして入団。94〜96年、千葉ロッテマリーンズのコンディショニングコーチをへて、97年1月に日本人初のメジャーリーグコーチとしてニューヨーク・メッツと契約。98〜2000年、千葉ロッテマリーンズと再契約。01年より阪堺病院SCA(ストレングス&コンディショニングアカデミー)での活動を開始。05年、東北楽天ゴールデンイーグルスのコンディショニング・ディレクターに就任。07年、千葉ロッテマリーンズのヘッドコンディショニングコーチに就任。08年、筑波大学大学院体育専門学群スポーツ医学修士課程修了。10年、自身が主催するコンディショニングジム「TACHIRYU CONDITIONING GYM」をオープン。現在、講演・各メディア出演により、野球を中心とした幅広い層に対しコンディショニングの重要性に関する普及活動を行っている。また、インターネット上で有料のトレーニング講座(http://n-academy.jp/training/)も開講している。

目次

第1章 20歳のときの運動神経は10歳のときの運動神経と同じ
第2章 2〜6歳ー元気な園児にするために親子で遊ぼう
第3章 小学1〜3年生ー遊びからスポーツへの興味へ
第5章 小学4〜6年生ースポーツのテクニックを習得する

全国の書店のほか、下記オンライン書店でも取り扱っています。




関連書籍

足が速くなる「ポンピュン走法」DVDブック

詳しく見る

福島大学陸上部の「速い走り」が身につく本

詳しく見る

「神の子」

父が語る山本“KID”徳郁の半生

詳しく見る

栗の樹ファーム物語ーー栗山英樹、野球場をつくるーー

北の大地で育む“フィールド・オブ・ドリームス”

詳しく見る

わが子をプロ野球選手に育てる本

体・眼・心・食のスペシャリストが指導

詳しく見る

野球肩・野球ひじを治す本

“甲子園史上最も美しいフォームの投手”が指導

詳しく見る